LNA-1090





LNA-1090
Low Noise
Preamplifier
w/ BPF


LNA-1090 は、1030MHz〜1100MHz に対応した「アンテナ直下型」の受信用ローノイズプリアンプです。増幅デバイスには実績ある超低雑音HEMTを採用、さらにSSR用に設計したバンドパスフィルタを内蔵しており、優れた性能を発揮します。



LNA-1090_量産型
LNA-1090
 LNA-1090 は、SSR受信用の屋外アンテナ「1G09-GA」の 直下に挿入するインラインモジュール形式の機器です。寸法は 約 167 x 18 x 20 mm とコンパクトに仕上がっており、1G09-GA の支持パイプ内に収められるスマートな機器です。


長めの同軸ケーブル対策やロングレンジ化に

LNA-1090 は、1G09-GA を設置される場所の都合上、やむを得ず、
10mを越える長い同軸ケーブルを使用される場合にも有効です。 または、SBS-1シリーズの表示エリアを、より広い表示レンジにしたい場合などにもご活用いただけます。

優れた高周波特性

LNA-1090の高周波特性は、様々な環境で使いやすい設定になっています。 増幅デバイスには、マイクロ波半導体として超低雑音増幅用に開発された高電子移動度トランジスター(HEMT: High Electron Mobility Transistor)を採用しています。 LNA-1090は、低雑音ながら適切で十分なゲインを得るための回路構成、部品配置など、コンパクトな筐体の中で最適化をしています。
【LNA-1090 仕様】
型式名 LNA-1090
入出力コネクタ NP-NJ
受信周波数範囲 1030MHz - 1100MHz
挿入損失 2.0 dB 以下 (スルー時)
電源 DC10 - 12V / 100mA
(DCBT-12による同軸給電)
外形寸法 約 167 x 18 x 20 mm
重量 約 160 g.
アンプ部
ゲイン 12dB以上
NF 0.9 dB以下
バンドパスフィルタ部
通過帯域幅 1030〜1110 MHz (3dB)
保証減衰量 20dB以上
(1070MHz±200MHz)
★ この製品は受信専用です
製品改良の為、仕様、外観は変更することがあります。


LNA-1090  Freq vs Gain, NF


電源オフでスルー(通過)機能

LNA-1090は、DCBT-12 からの同軸給電による電力で動作します。 電源電圧がない場合には、全ての動作段が停止、高周波リレーによる自動切替えによって、アンプやバンドバスフィルタを通さず、アンテナからの受信信号をスルーします。


シンプルな設置 「支持パイプ内へ装着」

 LNA-1090 は低雑音で優れた性能を発揮するほかに、 1G09-GA専用として開発された大きな特徴があります。


  LNA-1090 の本体は、
  1G09-GA の支持パイプ内に装着



 さまざまなアンテナ直下型のプリアンプの多くは、マストに外付け装着する形式が多いため、アンテナとプリアンプの間にはパッチケーブル、さらにプリアンプ本体をマストに取り付けるための取付金具なども必要です。

 このLNA-1090 では、原則的にアンテナとプリアンプの間にパッチケーブルやマストへの取付金具も必要ではありませんので設置工事がシンプルに行えます。
 
さらに、LNA-1090 は支持パイプ内に収まりますので、直射日光よる紫外線、雨などによる劣化の影響を少なくすることができます。

LNA-1090 / 1G09-GA への装着


LNA-1090 本体ユニット内部
LNA-1090_内部写真

LNA-1090 設置概略

【実験例】 LNA-1090 + DCBT-12

 弊社のテスト環境にて、SBS-1eRで実機テストを行いましたので、ご参考までに紹介致します。 弊社で実際にテスト用に設置している「1G09-GA」に LNA-1090 を装着、DCBT-12によって電源供給を行いました。

LNA-1090とDCBT-12の間を結ぶ同軸ケーブルは、普段使用している R10M-5DFB よりも、今回の
実験のために 5m 長くした 15m の5D-FBで接続しています。

LNA-1090 に対して、
電源供給をしない(スルー時)で作動させない状態 OFF とし、電源供給をして作動させた状態を ON としています。 OFF と ON の状態、それぞれを同一時間帯に約8時間、SBS Plotter を使って記録、比較のために結果画面を抽出させていただいています。


弊社のテスト環境概略
使用受信機 SBS-1eR
アンテナ 1G09-GA  + LNA-1090
給電点の高さ 海抜 約 12m
同軸ケーブル 5D-FB  約15m 変換プラグ併用
周囲環境 中高層(5〜15階程度)のビルやマンションが点在、受信結果に大きく影響する方位がある
LNA-1090 on/off 実験結果の例

 上図の結果のように、弊社のテスト環境下では、LNA-1090 を作動させることによって、SBS-1eR の表示できる領域が広がげられました。  
 設置上の都合などから、10m以上の長い低損失同軸ケーブルで 1G09-GA とSBS-1シリーズを結ぶ場合に、アンテナ直下に挿入できる LNA-1090 は有効であると考えられます。 また、表示エリアのロングレンジ化に挑戦されるお客様にもご活用いただけるものと考えます。


ご留意事項
この実験結果は、「参考データ」です。すべてのお客様のご使用環境で、このような結果や差異が必ず現れることを保証するものではありません

【販売】 LNA-1090 基本セット

 弊社では、LNA-1090 を導入していただきやすいように、基本セットとして右写真のように、次の製品をパッケージにして販売しています。

LNA-1090 低雑音アンプ本体
DCBT-12 バイアスティ
BSP-05M2VX パッチケーブル
ACアダプタ (AC100V用)

なお、LNA-1090 と DCBT-12を結ぶ同軸ケーブルは、別売の R10M-5DFB (NP-BNCP 約10m) が便利です。
LNA-1090 基本セット

© 2016- ApexRadio, All Rights Reserved.